お問い合わせは電話、メールで受付けております。 お急ぎの方はお電話ください。 0120-915-498 年中無休 対応地域:東京神奈川全域 受付時間:午前8時~午後8時 横浜市内の方は即日対応も可能です。まずは、お気軽にお電話ください。 メールでのお問い合わせはこちら

メニュー

関連サービス

遺品整理
強力消臭
生前整理
特殊清掃の事例紹介

特殊清掃の事例紹介

  • 特殊清掃とは
  • 特殊清掃作業の流れ
  • 事例紹介

発見が遅れた、孤独・突然死の事例

発見が遅れた、孤独・突然死の事例

ご近所の方から悪臭がするとの連絡が管理会社に入り、お客様が警察立会いのもとに入室した結果、お風呂場で形をとどめないくらいに腐乱したご遺体が見つかり、DNA鑑定による本人確認の後、遺品整理のご依頼をたまわりました。

現場は木造アパートの一室で、遺体が引きあげられたお風呂場には、人体の油分などの汚れが残っている状況で、塗り壁、ふすまなどの建具、家財には腐乱臭が染込んでおり、強烈な悪臭を放っています。
もちろん周囲から苦情が発生するため、窓を開け放って作業をすることは到底できません。お客様はお住まいが遠方のため、直ぐに作業に取り掛かって欲しいとのご要望でしたので、急いで現場に駆けつけ、オゾン消臭と特殊清掃、そしてリフォームの内容説明と、お見積り額を提示してご承諾をいただきました。

作業は、まず完全防備でガス系マスクを装着し、オゾンミスト消臭機で室内を除菌消臭します。もちろん短時間で行うため、一度で完全に悪臭除去はできませんが、こうすれば窓を開けて作業ができる環境が確保できます。
その後5名の人員を投入して、一気に家財整理を完了しました。全ての家財が運び出された後、室内の簡易清掃と風呂場を業務用洗浄剤でクリーニングし、完全に腐敗臭を取り除くためドライオゾン消臭機を5日ほどかけた後、最後にリフォーム工事にかかります。
ご依頼から原状回復まで、ちょうど一週間の時間を要しました。

このお客様が当社をお選びいただいた理由は、特殊清掃だけでなく、リフォームと一貫した依頼ができる業者だったからとのこと。
ここまで傷んでしまったお部屋を原状回復して返却するには、風呂場のリフォームと、ふすまなどの建具の交換はやむを得ません。別々の業者に依頼をすれば、さらに時間と費用のロスが発生することをよくご存知のようでした。

発見が遅れた、孤独・衰弱死の事例

「人が亡くなり、数ヶ月が経過した物凄い状況でも、遺品整理はできますか?」 というお問い合わせから始まりました。異臭通報により一人暮らしのご親族が発見され、相続人様より遺体引き上げ後の整理清掃のご依頼です。
警察検視の結果、事件性は無しとのことですが、家屋、車等の鍵が見つからず調査が入ったため、さらに時間が経過したとのこと。警察からも「衛生上の問題と火災の危険が一番心配なので、一刻も早く清掃をされたほうがよい。」とのお話があったそうです。

発見が遅れた、孤独・衰弱死の事例

さて、住居は膝の高さまでゴミで満たされていました。いわゆるゴミ屋敷の状態です。
さらにご逝去されたお部屋は腰の高さまでゴミが積載されていますが、冬ということもあり、悪臭は多少抑えられています。とはいえ、ウジは全てハエに孵り、カーテンにごま塩のように群がっていますし、床の上はゴキブリの巣窟。いくら冬とはいえ、連絡を受けたご親族にすれば一刻も早く原状回復をしたいというご事情がひしひしと伝わってきます。

現場を拝見してお見積りとあわせて遺品整理と清掃内容をご説明し、ご承諾いただきました後、室内を閉めて殺虫剤を散布し、同時にオゾン消臭機を作動させ除菌と消臭を行います。 5DKから搬出される遺品整理の物量は、ゴミ屋敷というご事情もあって2t車10杯分となりました。
これだけの物量を2日にわたって現場でゴミと遺品に分別し、遺品をさらに消臭除菌しながら搬出していきます。

早期発見の、孤独・突然死の事例

青葉区にあるアパート棟の管理を任されているお客様より、緊急の連絡を頂きました。居住者が室内で孤独死され、その遺品の整理と清掃を大至急とのご用命です。
このオーナー様とは5年のお付き合いになるのですが、始まりはアパートの住人が汚物で汚した外廊下の清掃依頼からでした。その後は外回りの不用品のお片付け、住人のゴミ屋敷の撤去など、不動産屋さんならよくお分かりになる通り、築年数が進んだ古い賃貸物件によくある依頼が続いています。

早期発見の、孤独・突然死の事例

今回は死後1週間程度で比較的早期の発見でした。それでも夏でしたので腐敗が早く、布団には体液がしみ込み、強烈な臭いが出ていました。 防臭マスクを装着して室内にオゾンミストを噴霧し、短時間で除菌消臭を行ったあと、直ぐに遺品整理作業に取りかかります。 突然死の場合は亡くなられる直前まで通常生活をされていることが多いので、ゴミ屋敷になっているケースは稀です。そのため、悪臭を除けば通常の遺品整理と大差はありません。

遺品整理が終わった後の最後に行う清掃は、台所周りとシャワールームまたサッシとなります。タバコでまっ茶色に変色したガラスやユニットバスは業務用洗剤を使用してクリーニングし、ご親族が手向けられていたお花を花瓶に戻して一連の作業は終了。
ワンルームということもあり、処分のために引き上げる遺品は2t車1台分、作業は2時間ほどで無事に原状回復が完了しました。

故人のご冥福をお祈りします。

よろずカンパニーの「ゴミ屋敷清掃」ご依頼・お見積もり・お問い合わせはこちらまで。0120-915-498 年中無休 受付時間8:00-20:00 クレジットカードがご利用いただけます。
よろずカンパニーの「ゴミ屋敷清掃」ご依頼・お見積もり・お問い合わせはこちらまで。0120-915-498 年中無休 受付時間8:00-20:00 クレジットカードがご利用いただけます。